投稿

投稿記事テーマ別一覧

スリランカサッカー スーパーリーグ開幕と日本人選手

イメージ
本日4/19より、 スリランカプロサッカー10チーム による スリランカ初のトーナメント「Super League」が開幕します。 スリランカのスポーツといえば、なんといってもクリケットやラグビーが大人気で、スリランカにおけるサッカーの知名度並びに球技人口は多くありません。 現在のFIFAランキングは、ランキング 210カ国中204位 となっています。といってもこの順位は内戦時に国際大会に出場できなかったことが影響しているようです。 スリランでは今までプロリーグ大会が過去に行われたことがなく、 今年が初のプロリーグ開幕となります (本当は昨年11月に開幕予定でしたが、コロナの影響で本日に延期となりました)。 出場チームはアジアサッカー連盟(AFC)の、クラブライセンス基準に基づいて選抜された10チーム。なんと今期は、その中の 3チームに日本人選手が5人も いるのです。 ● Sea Hawks FC 林遼太選手(背番号5) Ryota Hayashi 田代主水選手(背番号9) Chikara Tashiro 金城寛大選手(背番号18) Motohiro Kaneshiro ●Ratnam SC 中川竜徳選手(背番号17)    Tatsunori Nakagawa ● Colombo FC 岡元俊樹選手(背番号) ※ Toshiki Okamoto 優勝候補でもあり、3人の日本人選手を迎えた Sea Hawks FC はガーナなど海外での監督経験豊富な 日本人監督、八橋健一氏 を迎えいれています。 全ての試合はYouTubeの公式チャンネル 【Football SriLanka TV】 で生配信されます。 各日本人選手所属の初戦は下記のとおりです。 Colombo FC:4/19の16:30 (日本時間20:00)から Sea Hawks FC:4/20の19:30 (日本時間23:00)から Ratnam FC:4/21の19:30 (日本時間23:00)から 是非、スリランカのサッカーならびに、奮闘する日本人選手を応援していきましょう。 【 日本とスリランカサッカー ⚽️】 日本はスリランカサッカーとかかわりが深く、 国際協力機構(JICA)と日本サッカー協会(JFA) が協働して公認指導者を派遣したり、スリランカサッカー協会(FFSL)と連携してサッカーア

シンハラ・タミルの新年(2021年)

イメージ
スリランカはいよいよ来週4/14に新年を迎えます。 昨年(2020年)は、外出禁止令が続く中での正月でした。 しかし今年は外出禁止令もなく、各商業施設は新年のためのセールをやっており、どこも新年のための新しい服や物、贈り物を買い求める人で賑わっています。 ところで、 4月が正月? と不思議に思った方もいるかと思います。 古来スリランカでは、太陽が地球と一直線に並ぶ日(春の始まりを意味する春分の日)に祝い事が行われてきました。もとは 新年 というのは、最も太陽が高い位置にある春分の時期は最も太陽の恵みを受けるとされ、 太陽によりもたらされる自然の恵みに感謝する祝い事 でした。 そして、太陽が星座(黄道12宮)に沿って一巡したこの日が 暦年の始まり とされ 「新年」 として祝われるようになったようです。 新年の時刻やそれぞれに適した吉兆時間(ネカタ:Auspicious Time)、方角や色はホロスコープ(占星術)によって決められます。 2021年のスリランカ新正月( 正確には シンハラ並びにタミル ※ の新年) の ネカタ(Auspicious Time) も発表されました。 ※ 本来はタミルでもヒンズー教タミル 今年の主な時間は下記のとおりです。 シンハラ語での儀式の名前 と 儀式の簡単な説明 とともにご紹介します。 なお下で紹介するのはシンハラ正月ですので、タミル式の場合異なる部分がございます。 下記で、一部ヒンズー教タミルの新年の用意もご紹介しています。 ●新年(アルットゥ アウルドゥ ウダーワ):4月14日 午前2時33分 新年の始まり となります。多くの家庭でこの時間に爆竹が鳴らされ新年を祝います。 新年が近くなると、路上で爆竹などを売る店が並びます。今年の新年は夜中。騒々しく眠れなくなりそうです。 ●かまど(台所)の使い初め(アーハーラ ピシ―マ):4月14日 午前6時17分 かまどに火をつける時間 です。 といっても多くの家庭では台所ではなく、居間や庭先などに鉄板を敷いてその上に小さな七輪を置いて行うことが多くなっています。下記のように、七輪と素焼きの壺、薪も含めたセットも販売されています。 新品の素焼きの器にはココナツミルクを入れて沸騰させます。 噴きこぼれ方でその年の運勢を見ます 。 ミルクの沸騰(ミルクがあふれ出る)様子は豊穣を表している

スリランカ政府観光局(Sri Lanka Tourisum)を通じての観光渡航ガイドラインの改定

イメージ
昨日付の記事で、保健省より4/6に発表された、スリランカ入国後の検疫の改訂について投稿しました 『 ワクチン接種者は「観光ビザ」でも2日目から自由旅行が可能に!!(2021年4/7投稿記事) 』 (←題名をクリックすると該当記事が開きます) 保健省の発表を受けて、 スリランカ観光局は改訂プロトコルのキーポイントをまとめたチャートを発表 しましたので、そのチャートに基づいて、注釈を挿入した日本語チャートを作成しました。 日本語の内容は意訳も多く含まれますのであくまで参考のみとし、観光開発局(SLTD)のチャート【 Revised Health Guidelines for Travellers to Sri Lanka valid from 06.APR.2021 】 (←クリックでPDFファイルが開きます) も必ず確認してください。 (上記チャートはクリックで拡大できます) 3/18付の改定ではSafe&Secure認定レベル1ホテルは変更ができないとなっていましたが、この4/7版では 『Safe&Secure認定レベル1ホテル同士の移動(ホテル変更)が可能』 となりました。 さらに、 政府観光局(Sri Lanka Tourism)を通じての渡航は「観光ビザ」での渡航のみならず、希望すれば 「有効なレジデンスビザ」の保持者や海外在住のスリランカ人も利用可能 です。 例えば、有効なレジデンスビザの保持者や海外在住のスリランカ人がスリランカに渡航する場合は、隔離検疫ホテル(または政府隔離施設)の滞在が義務付けられていました。 スリランカ人帰国者やビジネスビザ渡航者などの隔離検疫ホテル は 、リゾートホテルなどが割り当てられていますが、基本的に部屋の外に出ることが許されていません。 食事も部屋食のほか、プールやフィットネスジムなどホテルの公共施設の利用は不可とされています。 一方、海外からの 観光客専用の「Safe&Secure認定レベル1ホテル」の場合 、到着時のPCR検査が陰性であれば、食事はレストランとなり、ホテル内の施設全てが利用可能となります。アーユルヴェーダやSpa施設があるホテルでは、トリートメントも可能というように、ホテルでの行動制限が大きく異なります。 もし、有効なレジデンスビザの保持者でも、希望すれば「Safe&am

ワクチン接種者は「観光ビザ」でも2日目から自由旅行が可能に!!

イメージ
 2021年3/18にスリランカ保健省より、 スリランカ入国後の検疫措置 について発表されましたが、 4/6付けにさらなる改訂版が発表 されました。 3/18付で発表された改訂版から、 大きな変更点は ワクチン接種者 が「観光ビザ」で渡航する場合も、到着日のPCR検査結果が「陰性」の場合は 2日目からは自由旅行が可能 となる点です。 つまりワクチン接種条件(規定回数の終了。終了後2週間以後の渡航)を満たしている方は、 Safe&Secure認証Level-1ホテルの宿泊予約は最低1泊でOK となります。 下記は「観光ビザ」など政府観光局(Sri Lanka Tourism)を通して渡航をする場合の項目です。あくまで個人による補足を交えた要約ですので詳細は [Quarantine measures for travellers arriving from overseas during COVID-19] をご確認下さい。 ※「観光ビザ」での渡航者向けの内容が書かれているのは7ページからのBの項目となります(1ページ目のAの一般的な措置(General measures)も合わせてご確認下さい。 またスリランカ観光局発行の簡易チャート表 Revised Health Guidelines for Travellers to Sri Lanka (valid from 06.APR.2021) も併せてご確認ください。 4/6付けの大きな変更点のみ下記にピックアップします。 「観光ビザ」など政府観光局(Sri Lanka Tourism)を通じて渡航する場合 ■ COVID-19のワクチン接種(ワクチン毎に定められた 規定回数)が完了2週間以後に渡航 する方 B.4.2.1)   到着時(初日)にPCR検査(ホテルで実施)受けて、結果が陰性だった場合はレベル1ホテルをチェックアウトする事ができます。 (※補足) ワクチン接種者は、 Safe&Secure認証のレベル1ホテルの予約は最低1泊でOK です。 2泊目からは1泊目と同じレベル1ホテルに滞在も可能 ですし、 レベル1以外のホテルに滞在も可能 です。 ■ COVID-19の ワクチン接種を受けていない 、またはワクチン毎に定められた 規定回数が完了していない、予防接種後2週間以内に渡航 す

ワクチン接種者・未接種者別 スリランカ入国後の行動制限について

イメージ
4/7追記: 4/6に保健省よりさらなる改訂版が発表されましたため、それに基づいて 赤字で 追記訂正ならびに取り消し線を用いています 。 2021年3/18に保健省より、 スリランカ入国後の行動制限についての改訂 が発表されました。 ワクチン接種者と未接種者で対応が変わる ほか、 「観光ビザ以外」の方の隔離検疫の規定が変わりました 。 在スリランカ日本大使館がわかりやすくまとめていますので、右のPDFをご参照ください→ 「入国後の隔離措置等に関する通知(3/18時点)」 (在スリランカ日本大使館作成) 4/7追記: 4/6に保健省よりさらなる改訂版が発表されましたため上記内容は一部異なります。 大まかにいうと、 ワクチン未接種での「観光ビザ」での渡航客のガイドラインはほぼ今まで通り となります。ただ、 スリランカ渡航後の必要PCRの検査数が、4日以下の滞在なら1回、5日以上は2回になりました 。 さらに、今まではレベル1ホテル内であれば複数のレベル1ホテルに滞在が可能でしたが、1カ所のレベル1ホテル滞在に規定が変わっています。 なお 「観光ビザ」での渡航場合、誰かの知人宅に滞在予定でも自宅検疫は認められていません 。現行のガイドライン通り、友人や知人に会うなど、 現地との接触を予定している場合 は、14日間レベル1ホテルに滞在し、15日目からローカルコミュニティとの接触が可能 になります。 ホテル滞在もしくは承認観光地だけの訪問を目的とした観光渡航の場合 は、数日の滞在で日本帰国が可能 です(14日滞在する必要はありません。3泊や4泊のみも可能です)。 下記は 「観光ビザ」での渡航者についての項目 のみ抜粋します。あくまで個人による補足を交えた要約ですので詳細は添付画像の官報をご確認下さい。 恐らく日本からいらっしゃる多くの方は、 B) に該当するかと思います。 ◆「観光ビザ」での渡航の場合◆ A) COVID-19のワクチン接種(ワクチン毎に定められた規定回数)完了2週間以後に渡航する方 1.  到着時に予防接種証明書の原本(英語でない場合は英語の翻訳文を添付)を空港の保健所に提示 2.  Safe&Secure Certificate レベル1のホテルに滞在 (1~2泊でOK) 3.   到着後24時間以内にPCR検査(ホテルで実施) (4,5.

アーユルヴェーダ製品、食品(スパイスなど)直送にちょっとご注意!

イメージ
アーユルヴェーダは4~5千年前のインドが始まりといわれていますが、スリランカのアーユルヴェーダは仏教の伝来とともに インドから広まったアーユルヴェーダ と、 スリランカ古来からある伝統医療が融合 し独自のアーユルヴェーダとして広まったといわれています。 スリランカの人々にとってアーユルヴェーダはとても身近なものであり、専門の薬局は勿論、スーパーにも多くのアーユルヴェーダ製品が取り扱われています。  以前ブログで、スーパーで買える、お土産に最適な代表的な製品をいくつかご紹介しました→ お土産におススメ アーユルヴェーダ製品(2018年3月2日投稿記事) 。 サマハン などは現在日本でも販売されていますし、多くの製品が日本でも販売されています。 一方で、個人輸入やスリランカ在住の方などでSNS等で商品販売する方も多いようで、業者を通さず 個人間のやりとりで、気軽にスリランカの製品、食材やスパイスなどが直送で手に入るようになりました 。 アーユルヴェーダ製品、ハーブ、スパイス と聞くと天然製品、自然食品のように安全なイメージがありますが、個人で直送してもらう時は 注意が必要な場合もあります 。 なぜならスリランカの食品基準や薬事基準は日本とは異なり、 日本で定められた基準値を上回るものや、日本では認められていない成分が含まれていることがある からです。 また不純物などが混入している場合もあります。 本来、食品や医薬部外品(石鹸や歯磨き粉など)などを日本で正規で輸入し販売する場合、 食品衛生法 やその成分が医薬品に該当する場合は 薬事法 などの規制があり、安全性が確認されたうえで輸入ならびに販売されていたり、定められた注意書き(妊婦や子供など避けるべき人など)など表示規制に基づいて日本で販売されています。 例えば、以前のブログ(上記で紹介のの「お土産におススメ アーユルヴェーダ製品」)でも アーユルヴェーダの歯磨き粉 を紹介しました。 その一つが「フッ素入りアーユルヴェーダ歯磨き粉」。その紹介時にも注意書きを書きましたが、 850-1150ppm のフッ素が配合されています。しかし、日本での歯磨剤のフッ化物濃度の配合上限は 1000ppm (フッ素として)と定められています。 2017年3月に国際基準(ISO)と同じくフッ素が 1500ppm を上限として配合された製

ETA(電子渡航認証ビザ)申請のご注意

イメージ
すでにお伝えしたとおり、スリランカは 2021年1月21日より「観光ビザ」での入国受け入れを再開 しています。 「最低滞在日数なし(数日の滞在でも可能)」 「隔離検疫期間なし」 「到着翌日から認定観光地への訪問が可能」 などの魅惑的なキャッチコピーが躍りますが、実際は Safe & Secure Certificate Hotelのうちレベル1のホテル宿泊が必須 であったり、 認定観光地以外はホテルからの外出は不可 だったり、 14日以下の滞在ではローカル(スリランカ居住者)との接触が禁止 されているなど、 ガイドライン規定に則ったうえでの上記条件 となります。 現在、全ての種類の ビザは事前取得が必須 で、スリランカの空港に到着してから申請する オンアライバルビザ(On Arrival Visa)は停止 されています。 観光ビザの申請は ETA(Electronic Travel Authorization:電子渡航認証)申請 か、 駐日スリランカ大使館を通じての申請 となります。 多くの方がETA申請を利用するかと思いますが、このETAサイト( http://www.eta.gov.lk )は特段入国受け入れ再開後もリニューアルされていません。 しかし、 申請時に入力しなければならない事項があります 。 ETAのサイトにアクセスすると下記のように 注意喚起 の画面がでて、OKを押さないとサイト内に入れないようになっています。 注意喚起は入国受け入れ停止国や条件付き受け入れ国などのほかに、ETA申請の注意事項も喚起されています。 (Alert12-2より該当箇所を抜粋)  Before you apply for your visa, you need to have a confirmed hotel booking, pre-purchased PCR tests and a mandatory COVID-19 Insurance Cover.  Contact your ‚Safe and Secure Level 1‚ hotel when making your booking.  The hotel will issue a reference number which will be automatically checked w