投稿

投稿記事テーマ別一覧

スリランカの観光渡航条件(抜粋)

イメージ
スリランカは現在、8/1より観光客受け入れを再開に向けて、ガイドライン策定も含めて準備を進めています。

スリランカ観光開発局(SLTDA)は、現在よくある問い合わせについて、回答をまとめたものを本日(6/5)発表しました。

ビザの発給条件と、旅行条件について、下記に簡潔ににまとめました
なお内容や条件等は、8月の開始までに変更になる可能性があります。
またこちらは観光客(観光ビザ)向けの内容となっており、外交官や駐在員などは条件(PCR検査や隔離検疫など)が異なります。

全文の詳細については、下記のリンクよりご確認下さい(クリックをすると、該当ページにリンクします)。
●●SLTDA発表文書(Sri Lanka Tourism ready to welcome tourists from 1st Aug 2020)

ビザの申請
従来通り、電子渡航認証(ETA)を申請
(http://www.eta.gov.lk/slvisa/)

ビザ申請費用
USD100

ビザ申請に必要となるもの
-SLTDA認定の宿泊施設※の予約詳細
※認定宿泊施設一覧はウェブサイトに掲載
-旅行日程書(行程書)
-復路航空券
-医療保険の証明書(※Medical Insuranceとありますが、おそらく旅行保険証書)
※PCR検査結果は、ビザ申請には不要のようですが、出国72時間前までに検査結果(陰性)が必要

滞在条件ならびに移動について
-最低5泊以上
-到着後4または5日目に、滞在の宿泊施設と調整の上モバイルユニットを利用した追加テストを実施
-10日以上滞在する予定の旅行者は、滞在中に3回目のPCR検査が必要
-基本的に、公共交通機関での移動は禁止(到着前に移動手配が必要)

●PCR検査
渡航前(出国前)に検査をし、陰性である事の証明書が必要(自費)
さらに到着後、空港にてPCR検査(全員対象、検査費用は無料)
空港到着後のPCR検査は、現在結果が出るまで約24時間かかっていますが、8月の観光客入国受け入れ再開までに、4〜6時間で結果が出るように調整中とのこと

検査結果が出るまで24時間以上かかる場合、コロンボまたはネゴンボのSLTDA認定4つ星または5つ星ホテルの中からホテルを選択して1泊することができる

陽性反応が出た場合は、内容に応じて指定ホテルもしくは病院にて、隔離検疫(通常14~21日間)または入…

和食にもピッタリ「ゴトゥコラサンボル」

イメージ
ここ最近の投稿が、新型コロナウイスに関するものばっかりでしたので、時には趣向を変えて、お手軽レシピ紹介でも。

今回紹介するのは『ゴトゥコラサンボル(ツボ草のココナツサラダ)』。
サンボルとはスリランカでいう和え物。スリランカでは定番の一品です。

ゴトゥコラ(Gotukola、和名はツボクサ)はセリ科の植物で、神経系や脳を活性化する強壮剤としての効果や、抗酸化作用、コラーゲンの生成や、皮膚の結合組織の主成分である繊維芽細胞の活性化を促す効果など、様々な効果が報告されており「奇跡のハーブ」とも言われています。

ゴトゥコラサンボルは、ウンバラカダと呼ばれるモルディブフィッシュを乾燥させたものを隠し味として使います。味は日本でいうカツオ節
ゴトゥコラもセリ科。日本のセリと食感や味が似ています
だからこそ日本人にもなじみやすい味で、和食にも合うのかもしれません。

日本でも乾燥させてお茶やサプリとしても販売されているそうですが、やはり生で食べるのが一番。日本でも最近スーパーなどで手に入ると聞きます。

火も使わず、刻んで和えるだけの簡単調理ですので、是非作ってみてください。

材料



8月、観光客受け入れ再開⁉

イメージ
スリランカは、一番厳しい制限がかけられていたコロンボも、5/26より平日の外出禁止令が緩和され、夜間外出禁止令(22~翌朝4時)のみとなりました。

現在は、人の往来や密集が予測される日曜日、ならびに仏教伝来を祝うポソンポヤデー(今年は6/5)は、前日も含めて終日外出禁止令が発令されていますが、それ以降は日曜日も夜間外出禁止令のみに緩和される予定です。

映画館などのアミューズメント施設、バーやナイトクラブ、飲食の路上販売、学校などはまだ再開されていませんが、レストランやホテルも含めて、多くの店や企業が衛生ガイドラインの下営業を再開しています

現在(5/30時点)、スリランカの感染者数総数は1,620名。そのうち現在の感染者数が829名快復者が781名死亡者数は10名となっています。

感染者数総数の半分は海軍キャンプ内での集団感染ならびに、海外からの緊急帰国者で隔離検疫施設での検査時の感染発覚と、どちらも一般市民生活からは隔離されている場所での発生となっています。
(6/5追記;6/4付けの感染者内訳をみると、累計感染者数1,797名中、約800名が海軍(約44%)、約550名が海外からの帰国者(約30%)でそのまま隔離検疫輸送者。市中感染者の割合は全体の25%(約450名)。なお、累計感染者数内の839名がすでに快復済み)

市中感染が抑えられていることを踏まえて、スリランカ政府は段階的に海外からの入国受け入れを再開していく方針を打ち出しています

現在スリランカは3/20から、特別便を除いて海外からの入国受け入れを停止しています

現在は、海外在住のスリランカ国民の特別便による緊急帰国受け入れが続いています
帰国者は、そのまま指定隔離検疫施設で2週間の滞在(感染者は指定病院での治療)が義務付けられているため、到着時からそのまま厳重な防疫体制の下、検疫施設に輸送されています。

この緊急帰国の目途がついた次は、7月を目安に海外在住のスリランカ国民の希望帰国者の受け入れを再開する予定のようです。ここにスリランカ在住(居住ビザ保持者)で、国外に一時帰国していた外国人やビジネス渡航の外国人も加えられる可能性があります。

現在(5/27時点)123か国、約42,000人のスリランカ国民がスリランカへの帰国を希望しているとのこと(そのうち半数にあたる約2万人が移民労働者としてで…

スーパーマーケットのコロナ対策

イメージ
3/20開始から52日間に渡り続いてきたコロンボの終日外出禁止令本日(5/11)より緩和となりました。

他の地域は、すでに夜間外出禁止令のみに移行していたり外出禁止令解除中の動きに大きな制限はないのですが、コロンボ県ならびにガンパハ県はまだ外出禁止令継続中であり、特定の条件の下での外出の許可となります。

一番大きく変わったこと。それは会社などの仕事の再開が許可されたということです。
本日より公的機関ならびに一般企業は勤務の再開が可能となりました。それに応じて、バスならびに列車の運行も再開になりました。
といっても、「出勤者の人数を最低限にする」「公務員と民間企業は出勤時間帯をずらす」などのガイドラインに基づいた細かな制限があります

また現時点では、ショッピングモールや飲食店(テイクアウトも不可。デリバリー注文のみ可)、ジムやスパ、洋品店ならびに娯楽施設は、まだ営業再開の許可が出ていません。(追記;レストランはテイクアウト営業は可能となりました。また洋品店も営業が再開しています。)

一般生活においては、国民ID番号末尾により、外出可能曜日が振り分けられています。
例えば末尾が1,2は月曜日、3,4は火曜日といったように1人1週間に1回外出が許可されます(土日は外出禁止)。
といっても買い物も食料ならびに薬など生活必需品の買い物のみ。また徒歩圏内のみで、バスや列車などの公共交通は使用は通勤者以外使用が不可となっています。

それでも、今までは食料品の買い出しのための外出も不可(食品の購入はデリバリー注文か移動販売を利用)であったことを考えると、1週間に1度の必需品の買い出しのみとはいえ外出できるのは大きな変化です。

しかしながら、外出可能になって感染が拡大しないように、感染予防のためのガイドラインが厳しく決められています外出時のマスク着用は必須です。

多くの人が利用すると思われるスーパーマーケットの場合の感染予防対策をご紹介します。

このように、感染予防対策がしっかりと取られています
他の企業も同じく、銀行など来客がある場所のみならず、会社などにおいても入り口への手洗い場の設置が要請されています。

昨年4月に起きた同時爆破テロ事件。事件後、すぐにホテルや各商業施設に金属探知機やX線荷物検査機などが設置されました。

今回のコロナもしかり。スリランカは何かが起きた…

2020年のウェサックは・・・

イメージ
スリランカは毎月満月の日が祝日となります。
これはポヤデー(Poya Day)と呼ばれる仏教由来の祝日で、月に一度満月の日は経済活動(仕事)や飲酒や肉や魚などの動物食を絶ち、寺院に参拝し敬虔の念を深める目的があります。

そんな毎月あるポヤデーの中でも5月はウェサック月と呼ばれ、ウェサック月は「仏陀が生誕した月」「悟りを開いた月」「入滅した月」として、スリランカで最も重要な仏教祭事の月となっています。
この月だけはポヤデーと翌日の日も祝日となります(2020年は5月7日、8日)。
仏教祭事ではありますが、国教が仏教であるスリランカは、本来は国を挙げて盛大に祝います

しかし今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、外出禁止令が発令中
寺院への参拝や、徳を積むために無料で飲食を提供するダンサラなどすべて禁止され、家の中で祝うようにとの通達がされています。

家の軒先などに飾るランタン(提燈)。これは毎年新調されます。
一から作る家庭も多いですが、出来合いのものを購入したり、材料がセットになった手作りキットを購入する家庭も増えています。

しかし、コロンボなどのハイリスクに指定された地域は3/24の一時解除以来、一度も外出禁止令が解除になっていません
この外出禁止令、以前の記事にも書きましたが「食料品など必須品目の買い出し」も「運動のための散歩」も許可されていません。当然、ウェサックの買い出しもできません。

外出禁止令発令中の食料品などの買い出しは、デリバリー注文もしくは移動販売車が居住地区に来るのを利用するしかありません。

食料や日用品が主のデリバリーサビスも、ウェサック前はウェサックランタンのデリバリー販売が開始されました。

通常食品のデリバリーを行っているPick Me Food(Uber Eatsのスリランカ版)にもウェサックランタンの販売店がリストアップされています。
昨年は、4月21日に起きた連続爆破テロ事件の影響で、大規模なウェサック行事は自粛となりましたが、夜間のみが外出禁止であったため各家庭や公共施設、商業ビルなど平和への祈念も込めて、多くの場所でウェサックの装飾がされていました

しかし今年は、コロンボなどは終日外出禁止令であるため、昨年以上に制限があります

本来は、ウェサック祭の数か月前からパンダール(トラナとも呼ばれる仏陀や仏教の物語を描…

振り出しに戻ったスリランカ

イメージ
外出禁止令が続くスリランカ。

一部地域は日中解除になっているものの、コロンボなどハイリスク地域に指定された地域は4/24に8時間の一時解除があっただけで、それ以降は一度も外出禁止令が解除になっていません。

この外出禁止令、以前の投稿にも書いたとおり『許可のないものは終日外出禁止』という強固なものです(残念ながら違反者も多く、外出禁止令が始まった3/20から4/27までの間に、外出禁止令違反による逮捕者は4万人以上、押収された車は1万台以上となっています)。

それがようやく夜間のみの外出禁止令に緩和されると前回(4/19)の投稿で書きました(

外出禁止令緩和へ…

イメージ
スリランカは3/20にスリランカ全土に外出禁止令を発令しました。

これは食料品買い出しのための外出も、散歩のための外出も不可との厳しいものです。

コロンボなどのハイリスク地域に定められた地域以外は、何日か置きに時間制限の一時解除がありましたが、ハイリスク地域に指定された場所は3/24に一度8時間の解除があったのみでした。

それが、ようやく終日外出禁止令から夜間外出禁止令に移行となります。

まずはハイリスク地域以外の地域が4/20から、指定された地域※を除くハイリスク地域が4/22から5~20時は外出禁止令が一時解除となります。※一部地域は引き続き終日外出禁止令が継続。
※4/20追記;ハイリスク地域は4/27からに変更になりました(さらに追記;5/4に変更になりました)。本日から日中が解除となっているハイリスク地域以外は4/24~4/27まで再び終日外出禁止令が発令されます。

この日中の外出禁止令解除により、民間企業や店なども通常の業務を再開することが可能になります。※但し映画館は引き続き閉鎖

今回はあくまで一時解除に緩和でリスクはまだ完全に収まっているわけではないため、政府は仕事など必要な行動以外は外出せずに家に留まる必要性があることを強調しています。
学校などの教育機関は5/11から再開すると通知されていましたが『通知があるまで』と再開時期が未定に戻っています。

道路の利用は出勤や必須品の買い出しなどに制限され、県をまたいだ移動は通勤や公共サービスや輸送など必須サービスに従事する者のみに規制されています。

また、政府機関の多いコロンボでは、政府機関の就業人数を通常の3分の1にするように、そのほかの地域も通常の半分にするように指示されています。
在宅勤務が可能な職については引き続き勤在宅務をするように要請されています。

さらに通勤時間の分散を図るため、民間企業は10時に出社するように要請されています。

バス、列車などの公共交通機関は乗客数を定員の50%にするよう義務つけされているほか車両も消毒するように要請されています。

旅行、巡礼、祭りや集会などは引き続き通知があるまで禁止とされています。

これだけ徹底した感染拡大防止のための措置、スリランカはそんなに感染が拡大しているの??と不思議に思った方もいるかもしれません。

新型コロナウイルス感染症(Covid-19)、